FC2ブログ

== スポンサー広告 ==

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
┗ --:--:-- ━ Page top ━…‥・

== 未分類 ==

神待ち ナンパきました

私は今15歳、中学三年生です。
この前の連休に、友達と二人で原宿へ遊びに行きました。
二人で歩いていると、後ろから30代くらいの男の人が声をかけてきました。
話をすると、男の人はストレートに援助を持ちかけてきました。
私と友達は少し考えてOKしました。
それで男の人の車に乗せられて、どこかのマンションへ連れて行かれました。
その途中、男の人は携帯で誰かと話していました。
部屋の中で私たちは名前と年を聞かれました。
それから直ぐに、部屋の中にもう一人、男の人が入ってきました。
私たち二人はベッドに座らせられると、二人の男の人が私たちにキスをしてきました。
私たちは何もできませんでした。
キスをしながら服の上から、オッパイを触られました。
服を脱がされると、パンツの上から私のオマンコを触ってきました。
ブラとパンツも脱がされると、私のオマンコをペロペロ舐めてきました。
クリトリスを指でコリコリされて、私は「ああ~!」と声を出してしまいました。
男の人はオマンコの中に指を入れてきました。
オマンコはすごく濡れてしまって、クチャクチャとエッチな音が立っていました。
私たち二人をベッドに並べて座らせると、男の人二人は立ったままパンツを脱いで、私たち二人に「チンボ舐めろ」と言いました。
私も友達もオチンボをペロペロ舐めました。
玉袋を触りながら、オチンボを口にくわえて、出し入れをしてあげました。
そしてベッドに横に寝かされると、男の人はオチンボを入れてきました。
男の人がゆっくり腰を振ると、私は「ああ~!気持ちいい~!」と声を出してしまいました。
友達も大きな声で「気持ちいいよ~!」と声を出していました。
正常位の後に対面座位でオマンコして、次は壁に手を付かされて、後ろからチンボを入れて突いてきました。
「ああ~!気持ちいいよ~!ああ~!いくいくいくいくう~!」
私は大声を上げていってしまいました。
最後は私も友達も顔にかけらけました。
二人とも鼻の穴に精子が入って、私は「ブホッ!ヴッヴッ!」とむせてしまいました。
友達も「グゥゥゥ~…」と低い声で呻いていました。
男の人二人は声を上げて笑いながら、デジカメや携帯でザーメンまみれになった私達の顔を撮っていました。
それから相手を変えてセックスして、何回もいってしまいました。
┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 17:41:15 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://vlivliwao9.blog52.fc2.com/tb.php/26-3cd0cf33
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。